各種「願」「届」の提出要領と窓口

変更事項がある場合や、課外活動を予定している場合などは、予め「願」や「届」を提出する必要があります。

各種「願」「届」の提出要領と窓口

種類要領 取扱窓口
退学願所定の用紙に保護者(保証人)連署のうえ、アドバイザーの承認を得て願い出る。学生証を添えて提出する。

【退学願の提出期限】
・春学期末で退学→ 9月15日
・秋学期末で退学→ 3月31日
教育支援課※
休学願所定の用紙に保護者(保証人)連署のうえ、アドバイザーの承認を得て願い出る。
・理由が病気等の場合は、診断書もあわせて提出する。 
・卒業(修了)に必要な在学年数に、休学期間は含まれない。
・休学期間中に卒業(修了)することはできない。

【休学願の提出期限】
・春学期からの休学→ 3月31日
・秋学期からの休学→ 9月15日
教育支援課※
復学願所定の用紙に保護者(保証人)連署のうえ、願い出る。

【復学願の提出期限】
・春学期からの復学→ 3月31日
・秋学期からの復学→ 9月15日
教育支援課※
住所変更届保護者(保証人)および本人の住所、電話番号等の変更があったときは、必ず届け出る。本人のみの住所変更の場合は、住民票やアパート等の契約書などの証明書類を提示する。教育支援課※
姓名変更届「戸籍謄本」または「在留カード」を提示して届け出る。教育支援課※
保護者(保証人)変更届新保護者(保証人)連署のうえ届け出る。教育支援課※
学納金延納・分納申請書 経済的な事情により、奨学金制度や教育ローン制度を申請・利用したにも関わらず、それでも期日までの学納金納入が困難なときは、納入期限の延期、または分納が許可されることがある。学生生活支援課
立看板設置
物品販売
募金
アンケート
署名活動等の願
学生および学生団体が、教職員・学生・同窓生・その他本学関係者を対象にして、立看板設置、物品販売・募金・アンケート・署名活動等を行うときは、事前に学生部長の許可を受けなければならない。学生生活支援課
入構許可申請やむを得ない理由のため、自動車で通学しなければならないときは、事前に申請する。学生生活支援課
部室使用許可願部室の使用を認められている団体は、毎年度部室の使用許可願(部員名簿、活動報告書等を添付)を指定された期日までに提出する。学生生活支援課
教室使用願教室使用が認められない期間があります。詳しくは「学生生活ガイド」を参照してください。施設・管理部分室
試合・イベント届 
合宿届
試合・イベント・合宿を行うときは、原則として1週間前までに届け出る。学生生活支援課
企画書行事・集会を開催するときは、事前(行事は1ヶ月前、集会は1週間前まで)に学生部長の許可を受けなければならない。学生生活支援課

※上記提出期限が土曜日・日曜日・祝日の場合はその直前の事務取扱日までとなります。なお、事務取扱停止日がありますのでご注意ください。
※大学院生は、大学院事務室・四谷キャンパス事務室で取り扱います。
※退学願、休学願の提出期限を過ぎると、次学期の学納金が発生します。

注意事項

学納金延納・分納申請書

申請書配布は学生生活支援課窓口にて、各学期オリエンテーション期間より開始します。
提出期限は、春学期分が4月末日、秋学期分が9月末日です。

立看板設置願

設置できるのは本学所有の立看板です。美観の保持、転倒防止に努めてください。指定の場所に、原則として2週間以内の設置となります。詳しくは入学時に配布した「学生生活ガイド」を参照してください。

物品販売・募金・アンケート・署名活動等の願

これらの活動終了後は、学生部長に報告書を提出してください。

入構許可申請

1週間前までの提出が必要です。

教室使用願

教室使用が認められない期間があります。詳しくは「学生生活ガイド」を参照してください。

企画書

行事・集会を開催するときは、学生生活支援課へ企画書を提出し、学生部長の許可を受けなければなりません。また、行事・集会に学外者を参加させるときや、講師などを招こうとするときは、企画書にその旨を明記してください。なお、修了後は学生部長に報告書を提出しなければなりません。

学生ラウンジ・けやきの広場利用願

学生ラウンジ・けやきの広場を利用したい場合は下記のファイルを使用して申し込んでください。

住所変更などの諸手続き

学生本人・保護者(保証人)の住所変更、保護者(保証人)変更、姓名変更などは、速やかに届け出てください。届出を怠ると、大学からの緊急連絡や郵便物が届かなくなり、学生生活に支障をきたしますので注意してください 。
届け出は教育支援課まで。