サービス・ラーニング・センターサービス・ラーニング・センター

 サービス・ラーニング・センターは、基盤教育インスティテュートフィールド教育デパートメントの中にある組織です。サービス・ラーニング・センターでは、以下の通り、みなさんの学びをサポートします。

  1. サービス・ラーニングを取り入れた授業の開設と開発
     サービス・ラーニングは、教室内の学習と地域社会への貢献を主とする学外活動を有機的に一体化した科目です。2017年度は、基盤教育科目および各学群に計56科目が開講されます。これらの科目では、学外活動と組み合わせることによって、授業内容がより深く分かるようになること、市民としての資質を育てること、大学の一員として地域社会に貢献することの3つが同時に進められます。
  2. 授業外の自主的なボランティア活動の支援
     サービス・ラーニング・センターでは、みなさんの自主的なボランティア活動の支援をしています。学而館1階のサービス・ラーニング・センター・インフォメーション・スペース(SLCIS)では、放課後や授業のない日、長期休暇等、みなさんが空き時間を使ってできるさまざまなボランティア情報をそろえています。

最初の一歩

 ボランティア活動にご関心のある方は、まずSLCISに来て実際にどんなボランティアがあるのか見てみてください。「何かやってみたいけど心配・・・」という方には、スタッフや先輩がみなさんのお話を聞き、相談に乗ります。

「学而事人」精神の拡大を目指して

 サービス・ラーニング・センターでは、本学のより多くの学生が「学而事人~学びて人に仕える~」を体現するため、今後もきっかけづくりとしてのさまざまなイベントの開催や、みなさんが参加したくなるようなサービス・ラーニング科目の開発を進めていきます。